[PR]

 山陰合同銀行(松江市)は13日、証券子会社を来年10月に開業すると発表した。設立時から単独で100%出資する証券子会社は、中国地区の地方銀行としては初めてという。

 新会社名は「ごうぎん証券」で、資本金30億円。松江市にある本店営業部、出雲支店、鳥取営業部、米子支店で営業する。

 会見で、久保田一朗頭取は「少額投資非課税制度(NISA)の口座を開設する人が増え、多様化する投資ニーズに応えたい」と説明した。人口が減る中で、個別の顧客の取引に厚みを増す狙いもある。

 また、今年9月中間連結決算も…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら