[PR]

 自動販売機に火をつけ、釣り銭を盗む事件が首都圏で相次いでいる。逮捕・書類送検されたのは大半が中高生。インターネットや口コミで手口を知り、遊ぶ金欲しさのケースが目立つ。自販機メーカーは、燃えにくい素材を使うなどの対策を取るが、既存の自販機までは手が回っていない。

 「ユーチューブで手口を見て、やろうと思った」

 窃盗未遂などの容疑で先月、警視庁に逮捕された中学3年と高校1年の少年3人は、そう供述したという。東京都葛飾区のたばこ自販機から金を盗もうとした容疑。釣り銭口を燃やして内部を熱で溶かし、金を取ろうとしたと警視庁はみている。

 葛飾区で清涼飲料水の自販機2…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら