[PR]

 岐阜県警多治見署は14日、捜査資料を報道機関など82カ所に誤送信したと発表した。同日中にすべて回収した、としている。

 同署によると、14日午前11時ごろ、刑事課の男性署員が管内の駐在所に暴力団に関する捜査資料1枚をファクスで送ろうとしたが、誤って市役所や消防署、報道機関など82カ所に送信。報道機関などから問い合わせがあり、発覚した。

 男性署員は、ファクス機に登録してある駐在所の短縮番号を押し、別の署員とモニター画面で送信先を確認したと話しているという。普段から捜査資料をファクスで送ることはあったという。

 村上弘志副署長は「原因につい…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら