[PR]

 鹿角市の秋田八幡平スキー場が17日、県内のトップを切って今季の営業を始めた。19日に安全祈願祭を予定しているが、ゲレンデの状態が良いことからプレオープンとなった。営業開始を知ったスノーボーダーらが早くも駆けつけ、久しぶりの雪の感触を楽しんだ。

 標高約1千メートルにある同スキー場は、滑走シーズンが長いことで知られる。雪に恵まれた昨シーズンは5月中旬すぎまで滑走できた。プレオープン初日は午前8時半現在で気温が0・5度、積雪は約40センチ。コースの一部のみが滑走できた。

 青森市から訪れた男性(34)は「インターネットでオープンを知った。もう1、2回、雪が降るとコンディションが良くなるでしょう」と期待していた。

 県内の主なスキー場のオープン…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら