[PR]

 人気アニメ「けいおん!」の舞台のモデルになったとされる豊郷町石畑の豊郷小旧校舎群で、23日に「全国アニメ聖地サミットin豊郷」が開かれる。若者が訪れる観光スポットをまちおこしにいかそうと、町や商工会が聖地サミットを初めて企画した。各地の「アニメ聖地」での取り組みの紹介や、県出身のアニメ監督らによるクリエーター養成塾などがある。

 ヴォーリズ建築の同校舎群は、2009年に放映が始まった軽音楽部の女子生徒を描いたアニメ「けいおん!」に登場する高校と似ていると評判になった。人口約7300人の町で、校舎群を目当てに年間約5万人が訪れる。

 23日は北海道大学の山村高淑(たかよし)教授(観光学)と聖地巡礼イベントのプロデューサー柿崎俊道さんがアニメツーリズムについて基調講演。埼玉県久喜市や千葉県鴨川市など全国のアニメを使った地域振興の先進地紹介や研究発表がある。

 また、高島市出身のアニメ監督…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら