[PR]

 福岡県芦屋町の航空自衛隊芦屋基地沖で16日昼前に無人のゴムボートが見つかり、海上保安部と県警、消防が、空と海から乗っていた人を捜索する騒ぎがあった。当時は基地で航空祭の真っ最中。午後から空自のアクロバット飛行隊「ブルーインパルス」が4万人の来場者を前に展示飛行をする予定だったが、「人命救助が優先」(同基地)として海保や県警のヘリコプターによる捜索を優先させ、中止した。

 若松海保などによると、ボートの持ち主は中間市の70代男性。朝から釣りをしていたが、午前10時半ごろに転覆し、投げ出された。男性は救命胴衣を着けていたため溺れずに済み、別のボートの釣り人がまもなく救出。男性は海岸に止めたバイクで自宅へ帰ったという。

 正午前、通行人が転覆したボートを見つけ、交番に通報。海底に釣りざおなどが沈んでいたことから、ヘリ2機、巡視艇2隻、海保と消防のダイバーによる捜索が始まった。

 午後5時すぎ、「ひょっとして…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら