[PR]

 民主党の仙谷由人(せんごくよしと)・元官房長官(68)は18日夜、徳島市内で記者会見し、「政権交代のためには若く将来性のある候補者にすべきだ」と述べ、次期衆院選に立候補しない考えを正式に表明した。一方、将来の選挙への立候補については「可能性はゼロではない」とも述べた。

 仙谷氏は、県内の小選挙区が3から2に減ることから、旧3区の仁木博文・前衆院議員(48)との間で調整を進めていた。仙谷氏は「若い候補者が県連としてベターな選択」と語り、自身は仁木氏の選挙対策委員長を務める方針を示した。

こんなニュースも