任俠(にんきょう)映画の「健さん」として一時代を築き、「幸福(しあわせ)の黄色いハンカチ」「鉄道員(ぽっぽや)」などで寡黙で一本気な「日本の男」を演じ続けた俳優で、文化勲章受章者の高倉健(たかくら・けん、本名小田剛一〈おだ・ごういち〉)さんが10日、悪性リンパ腫のため、東京都内の病院で死去した。83歳だった。葬儀は近親者で営まれた。最後の主演作「あなたへ」(2012年)まで生涯に205本の映画に出演した。

 福岡県生まれ。東映の第2期ニューフェースとしてデビューし、1956年、映画「電光空手打ち」「流星空手打ち」の連作で主演を務めた。

 61年、石井輝男監督「花と嵐とギャング」の無鉄砲なチンピラ役で注目を浴び、ギャング映画に相次いで主演。65年に石井監督と組んだ「網走番外地」シリーズは、本人が歌う主題歌とともに大ヒットした。

 前後して始まった任俠路線の「日本俠客伝」「昭和残俠伝」も人気シリーズとなり、看板スターの地位を確立。渡世の仁義に命をかけて悪に切り込むヒーロー像は、若者の熱い支持を得た。唐獅子(からじし)牡丹(ぼたん)を背負った「健さん」の決めぜりふ「死んでもらいます」や「義理と人情を秤(はかり)にかけりゃ……」という主題歌の歌詞は、流行語にもなった。

 76年に東映から独立。「君よ…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら