[PR]

 NHKの20代の女性記者が、「かばんを奪われた」とうその110番通報をしたとして、警視庁の事情聴取を受けていたことが18日、同庁への取材でわかった。同庁は軽犯罪法違反(虚偽申告)容疑で書類送検する方針。「社用の携帯電話をなくしたからうその通報をした」と話しているという。

 戸塚署によると、女性記者は9日午後10時50分ごろ、東京都新宿区の路上で、「自転車に乗った男に肩にかけたかばんを奪われた」などと虚偽の110番通報をした疑いがある。

 署は当初、ひったくり事件として緊急配備を敷いて捜査したが、防犯カメラの映像を調べたところ、女性記者が直前までかばんを持っていなかったことが判明した。事情を聴くと、うそだったと認めたという。

 女性記者は警視庁などの取材を…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら