[PR]

 奈良県上牧町の主婦繁多絹江(しげたきぬえ)さん(68)が自宅近くの柿の木にハート形の実が2個なっているのを見つけ、玄関に飾っている。

 今月10日、知人らと柿を採っていて偶然目に留まり、優しい曲線に魅了された。干し柿にして食べようかとも思ったが、天からの贈り物と考え、大切にすることにした。

 繁多さんは普段、ユニークな形のものをみると、何に見えるかと思いを巡らすという。だが今回は、「一目見てハートをわしづかみにされた」。