写真・図版

[PR]

 三四郎はまた隠袋(かくし)へ手を入れた。銀行の通帳(かよいちょう)と印形(いんぎょう)を出して、女に渡した。金は帳面の間に挟(はさ)んで置いたはずである。しかるに女が、

 「御金は」といった。見ると、間にはない。三四郎はまた衣囊(ポッケット)を探(さぐ)った。中から手摺(てずれ)のした札(さつ)を攫(つか)み出した。女は手を出さない。

 「預かって置いて頂戴(ちょう…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

こんなニュースも