[PR]

 京都府向日(むこう)市鶏冠井(かいで)町の民家で昨年12月、無職筧(かけひ)勇夫さん(当時75)が死亡し、体内から青酸化合物が検出される事件があり、京都府警は19日、妻の無職筧千佐子(ちさこ)容疑者(67)を殺人容疑で逮捕した。「逮捕された理由はよくわかっていますが、私は絶対に殺していません」と容疑を否認しているという。

 千佐子容疑者が交際していた大阪府貝塚市の男性(当時71)も一昨年に死亡し、血液から青酸化合物が検出されており、京都、大阪両府警は連続不審死事件の疑いを視野に捜査する。

 京都府警の発表によると、千佐子容疑者は昨年12月28日ごろ、自宅で夫の勇夫さんに青酸化合物を何らかの手段で摂取させ、同日午後9時ごろに青酸中毒で死亡させた疑いがある。結婚相談所を通じて勇夫さんと知り合い、前月に結婚したばかりだったという。府警は向日町署に捜査本部を設置した。

 捜査関係者によると、同日午後9時45分ごろ、千佐子容疑者から「夫が倒れて意識がなく、冷たくなっている」と119番通報があった。救急隊員が駆けつけたところ、2階で勇夫さんが心肺停止状態で倒れており、死亡が確認された。府警が司法解剖をした結果、心臓に残っていた血液と胃から青酸化合物が検出されたという。

 これまでの捜査では、自宅の水回りなどから青酸化合物を扱った形跡は見つかっていないという。千佐子容疑者は当時、勇夫さんの死について「何が起きたのかわからない。思い当たることはまったくない」と説明したという。

 一方、大阪の男性は2012年…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら