[PR]

 安倍晋三首相が21日に衆院を解散すると表明したことを受け、19日の参院本会議では主要法が相次いで可決、成立した。このうち議員立法による改正薬事法では、危険ドラッグの販売、広告の規制を強化。12月中旬に施行される。

 改正薬事法では、検査・販売停止命令を出せる対象の薬物を、指定薬物と同等以上に有害な疑いがある商品にまで拡大。対象商品を官報で告示し、インターネットの販売業者も含め、全国で一律に販売や広告を禁止できるようにした。

 違反者には中止を命令でき、それにも違反した場合には懲役1年以下か100万円以下の罰金を科す。

 さらに、プロバイダーにネット…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも