[PR]

 京都府向日(むこう)市と大阪府貝塚市の男性2人が死亡し、体内から青酸化合物が相次いで検出される事件があり、京都府警は19日、このうち京都の男性を殺害したとして男性の妻の筧千佐子(かけひちさこ)容疑者(67)を殺人容疑で逮捕し、発表した。捜査関係者によると千佐子容疑者の関係先で見つかった遺留物から、微量の青酸化合物が検出されたという。

 死亡したのは向日市鶏冠井(かいで)町の無職筧勇夫(いさお)さん(当時75)。千佐子容疑者は「逮捕された理由はよくわかっていますが、私は絶対に殺していません」と否認しているという。以前、交際していた大阪府貝塚市の男性(当時71)も一昨年に死亡しており、京都、大阪両府警は連続不審死事件の疑いを視野に捜査する。

 京都府警によると、逮捕容疑は昨年12月28日ごろ、向日市の自宅で何らかの手段により勇夫さんに青酸化合物を摂取させ、同日午後9時ごろに青酸中毒で死亡させた疑い。家入紀幸・捜査1課長は記者会見で「自殺と他殺で捜査するなかで、殺人事件と断定した」と述べたが、容疑を裏付ける証拠については明らかにせず、使われた青酸化合物の入手ルートの解明は「これから」と述べた。

 捜査関係者によると、昨年12…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら