写真・図版

[PR]

 「また苦しくなったようですね」

 女は何にもいわずに、すぐ姿勢を崩して、傍(そば)に置いた安楽椅子へ落ちるようにとんと腰を卸(おろ)した。その時白い歯がまた光った。そうして動く時の袖とともに三四郎を見た。その眼は流星のように三四郎の眉間(みけん)を通り越(こし)て行った。

 原口さんは丸(まる)卓(テー…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

こんなニュースも