[PR]

 青酸化合物で夫を殺害したとして、殺人容疑で京都府警に逮捕された筧(かけひ)千佐子容疑者(67)。これまで何度も報道機関の取材に応じ、一貫して関与を否定してきた。本人や関係者の証言から、事件の背景と人物像をわたり探った。

     ◇

 結婚とは何か。そう問われた女性は即答した。

 「やっぱし、生活の安定」

 今年3月、大阪府堺市の路上で、小柄な女性が大勢の報道関係者に囲まれていた。マイクを向けられた女性は、「年金だけでは生きていけない」とも言った。筧千佐子容疑者。フラッシュがまぶしいのか、終始うつむき加減だった。

 昨年暮れ、再婚後2カ月足らずで夫の勇夫さん(当時75)が自宅で死亡した。遺体から青酸化合物が検出され、現場に居合わせた千佐子容疑者が府警の捜査線上に浮上した。

 取材に応じたのは約3時間に及んだ。感情を高ぶらせることはなかったが、勇夫さんの死亡への関与は語気を強めて否定した。

 「二人しかいないのに、あえて私がしますか」

 そんな千佐子容疑者が笑顔を見…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら