[PR]

 3歳の長女に十分な食事を与えず、衰弱させて殺害したとして、大阪府警は20日、養父で大阪府茨木市西河原北町の大工、岸本友希(ゆうき)容疑者(22)と、19歳の無職の母親を殺人容疑で逮捕し、発表した。2人とも否認しているという。死亡時の体重は同年齢の平均15キロの半分ほどの8キロしかなく、府警は育児放棄(ネグレクト)とみている。

 死亡したのは長女の紗弥音(さやね)ちゃん。捜査1課によると、両親は今年2月以降、紗弥音ちゃんに必要な食事を与えずに放置し、6月15日に衰弱死させた疑いがある。同日午後1時ごろ、岸本容疑者が自宅の浴室で紗弥音ちゃんが倒れているのに気づき、119番通報したが、搬送先の病院で死亡が確認されたという。

 今年2月に主治医が紗弥音ちゃんを診察した際には異常は見られなかったという。府警は、食事を与えなければ死ぬ危険性があり、死んでも構わないという認識があったと判断し、殺人容疑を適用した。

 司法解剖の結果、死因は低栄養…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら