[PR]

 青酸化合物で夫を殺害したとして、京都府警が殺人容疑で逮捕した筧千佐子(かけひちさこ)容疑者(67)は、再婚、交際を繰り返し、相手と死別した後に計8億円以上の遺産を相続していたことがわかった。捜査関係者が明らかにした。一方で金融商品に多額の支出をし、最近では知人に生活費を借りることもあったという。

 捜査関係者によると、千佐子容疑者は最初の夫と死別した後の20年間で、青酸中毒で死亡した京都府向日(むこう)市の筧勇夫さん(当時75)ら3人と再婚し、交際した人を含めると6人が死亡した。一昨年3月、バイクの走行中に死亡した大阪府貝塚市の男性(当時71)もその一人。体内からは青酸化合物が検出された。男性のマンションは千佐子容疑者に相続され、売却された。

交際条件に「資産」

 「あるはずの通帳がない」。今年1月、京都府内で営まれた筧勇夫さんの告別式。納骨に向かう霊柩(れいきゅう)車の中で、喪主の千佐子容疑者がこう尋ねたのを、親族の女性は覚えていた。

 親族たちが「知らない」と答え…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら