[PR]

 兵庫県尼崎市の連続変死事件で、自殺した角田(すみだ)美代子元被告(当時64)の息子、優太郎被告(27)=殺人罪などで起訴=の裁判員裁判の第3回公判が21日、神戸地裁であった。元被告らと集団生活していた義妹の三枝子被告(61)が検察側証人として出廷。「本心で一緒に暮らし始めたわけではない」と述べた。

 2005年に転落死した角田久芳さん(当時51)をめぐる殺人罪などの審理。この日、起訴された元被告の親類縁者の証人尋問が始まった。三枝子被告も久芳さん事件を含む3件の殺人罪などで起訴されている。

 三枝子被告は紫色のジャージー姿で、緊張したような表情で証言台の椅子に座った。元被告を「美代子」と呼び捨てにした。

 証言によると、尼崎市で育った…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら