[PR]

 私は古本市に弱い。

 そんな一文で、作家・森見登美彦の人気小説「夜は短し歩けよ乙女」のある章は始まる。

 森見は京都大に通っていた頃、大学のそばに並ぶ古本屋を、自転車でまわるのが好きだった。古書店が集まって毎年開く古本市「古本まつり」にも、よく出かけた。夏は下鴨神社、秋は百万遍(ひゃくまんべん)知恩寺。「文庫本を100円で買ったりするのが好きだった」

 秋の古本市で、店番のアルバイ…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも