[PR]

 青酸化合物で夫を死亡させたとして京都府警に逮捕された京都府向日(むこう)市の筧千佐子(かけひちさこ)容疑者(67)が、夫との結婚生活について語り出した。捜査関係者によると、「年金暮らしで生活が苦しかった」と供述し、生活のための再婚だったことを強調しているという。

 千佐子容疑者は、結婚相談所で夫の勇夫さん(当時75)と知り合い、昨年11月に結婚。翌12月に青酸化合物を摂取させて殺害した疑いがもたれている。

 捜査関係者によると、「一緒に生活できる人がいれば年収は倍になり、生活が楽になると思った」「同棲(どうせい)、通い妻という形でおつきあいしたかったけど、夫の結婚願望が強かったので入籍した」と話しているという。実際に週の半分近くは勇夫さんと離れて堺市内のマンションで生活していた。勇夫さんのことを「性格がさわやかで最高の人」とも述べているという。

 捜査関係者によると、勇夫さんは「新年は一緒に過ごしたい」という趣旨のメールを千佐子容疑者に送信していたという。千佐子容疑者は容疑を否認しているが、府警は勇夫さんが自分で青酸化合物を摂取する動機がなかったことを裏付ける証拠とみている。