[PR]

 民主党の海江田万里代表は24日、東京大学で講演した。衆院解散の直後だけに学生の関心も高く、「かつての民主党は二大政党制を目指していたが、いまはどうしようとしているのか」といった直球の質問も。海江田氏も「まだ言えないところもある。候補者を増やす努力をしているから」と歯切れが悪かった。

 海江田氏は「日本の民主主義が危ない」との演題で講演。安倍晋三首相が憲法の改正要件を定めた96条の改正に意欲を示したことなどを例に、「憲法は内閣を縛るものだ。安倍さんは立憲主義の基本を理解していない」と指摘した。

 一方、学生からは質問が相次いだ。「逆風の中、あえて代表を務めた成果は」との問いに、海江田氏は「第三極と言われる政党がバラバラになる中、党をひとつにまとめた」と説明。新党を求める野党内の動きには「『また選挙前の新党なのか』となる。だからやらなかった」と強調した。

 講演中、趣味の漢語の話題に脱線すると冗舌になり、「平成」や「観光」などの語源を紹介。「若い人は金や地位を持ち合わせていないのが特権だ。私なんか、こういう立場だと不自由でしょうがないですよ」と本音ものぞかせていた。

こんなニュースも