[PR]

 ケニア北東部でバスが襲撃され、イスラム教徒でない乗客28人が殺害された事件で、ケニアのルト副大統領は23日、バスを襲撃した武装勢力の100人以上を殺害したと発表した。

 この事件では、ソマリアのイスラム過激派「シャバブ」が犯行声明を出し、シャバブ支援者らに対する強制捜査への報復だと主張していた。

 現地報道によると、ケニアの治安部隊はソマリアに越境し、武装勢力がバス襲撃の謀議に使った拠点などを破壊したという。(ヨハネスブルク)

関連ニュース