[PR]

 青酸化合物で夫を殺害したとして、殺人容疑で逮捕された京都府向日(むこう)市の筧千佐子(かけひちさこ)容疑者(67)が、「夫が飲んだ市販薬になぜか青酸が含まれていたのだと思う」という趣旨の供述をしていることが、捜査関係者への取材でわかった。

 京都府警によると、千佐子容疑者は昨年12月、自宅で夫の勇夫さん(当時75)に何らかの方法で青酸化合物を摂取させ、青酸中毒で死亡させた疑いが持たれている。119番通報で救急隊員が駆けつけ、倒れている勇夫さんを見つけた。

 捜査関係者によると、千佐子容疑者は「自殺でも事故でも病気でもないと思う」と述べたうえで、「夫は市販薬を飲んでいた。その中に青酸の成分が含まれていたのだと思う」という趣旨の供述をしたという。青酸化合物は微量でも死に至るため、府警は供述内容を精査している。

 千佐子容疑者は「私は絶対に殺…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら