[PR]

 アプリをダウンロードするだけで、買い物に使えるポイントなどがもらえる「リワード広告」が急増している。スマートフォン向けゲームが厳しい競争を勝ち抜こうと、多額の広告費をつぎ込むためだ。アップルは「アプリのランキングをゆがめる」と「追放」を試みるが、次から次へと出没する広告サイトとの「いたちごっこ」が続いている。

 仮想通貨ビットコインの決済を手がけるビットバンク(東京・渋谷)は25日、リワード広告サイト「ビットコインゲット」を始めた。ゲームアプリなどをダウンロードすると、特典として50円前後分のビットコインがもらえる。

 ダウンロード数に応じて広告費を広告主から受け取り、一部をビットコインにあてる仕組みだ。もらったコインはすぐに現金に換えて使うことができる。

 サイバーエージェントの広告子…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも