[PR]

 JR西日本は25日、関西空港と新大阪・京都を結ぶ特急「はるか」の車内で無料の公衆無線LANサービスを始めると発表した。12月から順次導入する。JR西の列車内では山陽新幹線を含めて初めてで、増え続ける訪日外国人のニーズに応えるのがねらいという。

 各車両に無線アンテナを設置し、12月1日からまず1編成でサービスを始める。来年7月末までに全63両に整備を終える予定。

 関西では、近鉄の観光特急「しまかぜ」も無料の無線LANを導入している。