[PR]

 下鴨神社(京都市左京区)で26日、鮮やかな衣装をまとった太夫(たゆう)がお供を引き連れ、内八文字という独特の足さばきで行列する「奉納道中」があった。本殿に参拝後、顔見せの儀式「かしの式」と舞を奉納した。

 店出し(デビュー)を迎えたのは葵太夫。かつての花街・島原で太夫を務め、現在は独立してお座敷やイベントで活躍する司太夫(52)の長女朱伽(あやか)さん(27)だ。

 朱伽さんは2歳8カ月から司太夫のお付きの禿(かむろ)になり、5歳から京舞の稽古を始めた。12歳で見習いの太夫になった。

 一方で、声優に憧れ、ナレーションをしたり、映画やドラマに舞妓(まいこ)役で出演したりしてきたが、母の司太夫の姿を見て、自身も太夫となることを決めた。母娘で太夫となった葵太夫は「古い伝統をもつ花街文化を継いで、おもてなしの心を伝えていきたい」と話した。(久保智祥)