[PR]

 兵庫県香美町の香住漁港で26日、甲羅や脚が白いズワイガニが水揚げされた。地元の底引き網漁船がとった雄で、全長58センチ、重さ1キロ。通常のカニと並べると、「紅白で縁起が良い」と話題になっている。

 兵庫県但馬水産技術センターによると、白くなったのは色素が抜ける突然変異で、数年に1回報告があるという。競り落とした地元のカニ直売所の店長(51)は「この商売をして35年になるが初めて。しばらくいけすで飼ってお客さんに見てもらい、縁起をおすそ分けします」と話していた。(藤本久格)