【動画】断続的に噴火が続く阿蘇・中岳=野中正治撮影
[PR]

 熊本県・阿蘇山の中岳第1火口で25~26日、断続的な噴火が続いた。福岡管区気象台が26日、発表した。噴煙は最高で高さ約千メートルに達し、噴石も1995年以降初めて確認された。気象台は、噴火は小規模だが繰り返し起こる恐れがあるとして、警戒を呼びかけている。

 気象台によると、噴石は26日午前5時5分ごろ、火口内で高さ約100メートルまで飛んだのが確認された。火口で高温の噴出物が炎のように見える火炎現象も起き、火山灰は約40キロ離れた大分県豊後大野市や宮崎県五ケ瀬町でも降った。

 阿蘇山の噴火警戒レベルは昨年9月以来、1(平常)と2(火口周辺規制)を行き来しており、最近では今年8月に2に引き上げられた。GPS観測で山体にわずかな変動が見られることなどから、気象台はマグマが噴火に関わっている可能性があるとみている。ただ、噴石が1キロ以上飛ぶような状態ではないとして、レベル3(入山規制)への引き上げは検討していないという。(野中正治)