[PR]

 クリスマスをテーマにした絵本を集めた展示が26日、鹿児島市鴨池2丁目の市立図書館で始まった。サンタクロースやツリーで飾り付けをしたテーブルなどに約100冊が並べられ、来館した親子連れがさっそく手にとって眺めていた。12月28日まで。

 館内には、1~2歳児向けから大人でも楽しめる物語まで、クリスマス関連の絵本300冊以上が収められている。普段は閉架になっているものも含めて順次展示・貸し出しする。

 企画した同館の竹下直大さん(46)は「クリスマスに向け、絵本を親子の会話やコミュニケーションのきっかけにしてもらいたい」と話している。(鎌田悠)