[PR]

 関西空港を拠点とする格安航空会社(LCC)のピーチ・アビエーションは、女性客のニーズにこたえ、カロリーを抑えた機内食を12月からの冬メニューで提供する。「カロリーオフセット」メニューと位置づけ、売り上げの一部を途上国の農業プロジェクト支援のために寄付をする。

 機内食で提供されるのは、「トラウトサーモンのバジルクリームソース」(463キロカロリー、800円)▽「十六穀米とキーマカレー ラタトゥイユ添え」(412キロカロリー、800円)▽「ヘルシーそばサラダのよりどり弁当」(373キロカロリー、850円)の3種。

 サーモンはグリルせずにワイン蒸しにし、キーマカレーは鶏の胸肉を使うなどした。よりどり弁当も、揚げ物を使わず、ワカメを練り込んだそばやコハダ黒酢漬けなど、バラエティーに富んだおかずを入れた。広報担当者は「ピーチの乗客の半数以上は女性で、ヘルシーなメニューの要望が多かった」という。

 カロリーオフセットは、東京の…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら