[PR]

 27日午前9時ごろ、大阪府警本部(大阪市中央区大手前3丁目)の地下1階にある男性用トイレで、頭から血を流して倒れている男性警察官を別の警察官が見つけた。トイレの個室の中で拳銃自殺を図ったとみられ、間もなく死亡が確認された。

 東署によると、死亡したのは右翼事件などを担当する公安2課の巡査部長(41)。当直勤務明けで、制服姿だった。遺書は見つかっていないという。