[PR]

 三井住友銀行系のSMBCコンサルティングは28日、2014年の「ヒット商品番付」を発表した。日本が世界で躍進することへの期待をこめ、東の横綱に「青色LEDノーベル物理学賞受賞」、西の横綱に「羽生結弦、錦織圭」の両選手を選んだ。

 大関には、子どもに人気のゲーム「妖怪ウォッチ」と、ディズニー映画「アナと雪の女王」が選ばれた。世界文化遺産や無形文化遺産に選ばれた「富岡製糸場、和紙」、入場者が増えた大阪の「ユニバーサル・スタジオ・ジャパン」が関脇に入った。

 小結は「消費税」と「プチ贅沢(ぜいたく)商品」だった。4月に消費税率が5%から8%に上がって消費は低迷しているが、お菓子やビールではささやかなぜいたく志向があったという。

 昨年は「アベノミクス効果」が…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも