[PR]

 ソマリア政府は12月30日、米軍が29日にソマリア南西部で実施した空爆で、イスラム過激派「シャバブ」の上級幹部が死亡したと発表した。AP通信によると、死亡したのは、ブディシャクール・情報担当幹部。空爆で他の戦闘員2人も死亡したとしている。

 シャバブはソマリアを拠点に活動するアルカイダ系の過激派組織。米軍は昨年9月にも空爆を実施し、シャバブの当時の指導者アハメド・ゴダネ容疑者を殺害している。(ヨハネスブルク=三浦英之

関連ニュース