[PR]

 大阪1区で最大の繁華街・難波。維新の党の橋下徹代表が第一声に臨んだ。

 大阪府議会の定数削減などを実績としてアピールし、「これを日本全体でやりたい」と強調。「公務員や議員の給料を2割抑えたら5兆円出て、5千万人に1人10万円ずつクーポンを配ることができる」という案を示し、「イシンノミクス」として打ち出した。

 聴衆は200人ほど。新党を立ち上げて臨んだ2年前の前回衆院選の勢いはない。大阪1区に立候補した維新前職の井上英孝氏(43)は「身を切る改革の一点突破で頑張っていきたい」と支援を求めた。

 自民新顔の大西宏幸氏(47)も前回に続いて立候補。「大阪と国が連携し、アベノミクスを完成させることが必要だ」と訴えた。

 共産新顔の柴山昇氏(61)は消費増税反対を主張し、中小企業の経営者らに支持を広げたい考えだ。

こんなニュースも