[PR]

 子宮頸(けい)がんワクチンの接種を、国が積極的にすすめなくなって1年半になる。注射の後に長期的な痛みなどに見舞われる患者が相次ぎ、打開策を見いだせないためだ。病気を防ぐ有効性と、悪い影響が出るリスクをどう受け止めればよいのか。現状を整理した。

副作用の原因、未解明

 「若い女性が死亡する悲劇をなくせる」「患者の声に耳を傾けるべきだ」

 東京都内で12月10日に開かれた日本医師会と日本医学会主催のシンポで、ワクチン推進派と慎重派が互いの主張を述べた。

 子宮頸がんは子宮の入り口にできる。性行為によるヒトパピローマウイルス(HPV)感染が主な原因で、日本人女性では年に約1万人(上皮内がんを除く)が罹患(りかん)し、約3千人が死亡するとされる。20~30代で発症率、死亡率が増加しているのが特徴だ。

 ワクチンは、子宮頸がん全体の5~7割の原因とされる2種類のHPVの感染を防ぐ効果があると言われている。2013年4月に小学6年~高校1年を対象に、予防接種法に基づく「定期接種」と位置づけられた。これまでに約340万人が接種した。

 しかし、接種後に原因不明の全身の痛みや運動障害を訴える少女が続出。厚生労働省は2カ月あまりで積極的推奨を中止した。厚労省によると、今年3月までの副作用報告は2475件で、重症が約4分の1を占める。長期の痛みや運動障害が176件だった。

 ただ、ワクチンの成分と痛みな…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら