[PR]

 ケニア北東部で2日未明、採石場のテントが武装集団に襲われ、少なくとも36人が殺害された。隣国ソマリアを拠点とするイスラム過激派「シャバブ」は同日、犯行声明を出した。

 現地報道によると、武装集団はイスラム教徒ではない人だけを並ばせ、銃で頭を撃ったり、首を切り落としたりしたという。

 ケニア北東部では先月、ナイロビ行きの60人乗りバスが襲われ、非イスラム教徒28人が殺害された。シャバブが犯行声明を出したため、ケニア政府は治安部隊をソマリアに越境させ、バスの襲撃メンバーら100人以上を殺害したと発表していた。(ヨハネスブルク=三浦英之

こんなニュースも