[PR]

 2020年までに売春や人身売買の撲滅を――。ローマ・カトリック教会のフランシスコ法王ら主要な宗教の指導者らでつくる「世界自由ネットワーク」がバチカンで会議を開き、2日に「現代の奴隷制」を無くすよう求める共同宣言に署名した。

 同ネットワークはバチカンが人権団体とともに設立。人身売買、強制労働や売春、臓器密売などを「現代の奴隷制」とみなしたうえで、「奴隷」とされる人口は世界で3500万人以上だとしている。

 宣言では、こうした「奴隷」の被害について、「平等、自由、尊厳という基本的な信念を尊重していない」として、「人道に対する罪」だと批判した。

 そして「奴隷」にされた人々の…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも