[PR]

 兵庫県尼崎市の連続変死事件で、自殺した角田(すみだ)美代子元被告(当時64)の息子、優太郎被告(27)に対する裁判員裁判の第8回公判が4日、神戸地裁であり、被告人質問が始まった。美代子元被告との暮らしについて「美代子の意向が全てだった。自分の意見が通ったことはなかった」と述べた。

 2005年に沖縄で転落死した角田久芳さん(当時51)に対する殺人罪などの審理で、被告の法廷での発言は初公判以来。質問は弁護側から始まった。

 この日の優太郎被告の供述によると、6~7歳ごろに美代子元被告から、実母が元被告の義妹の三枝子被告(61)と知らされた。元被告は「どちらを母親にする?」と迫り、優太郎被告は元被告を選んだ。「複雑だったが、美代子は『自分が一番』という考え方。選ばないと怒られると思った」と振り返った。

 この直後から、元被告の虐待が本格化。物を落としただけで「ダラダラしてるからや」と殴られたこともあったという。泣けば暴行はさらに激しくなり、髪をつかんで引きずり回され、3日間絶食させられたこともあったという。元被告は「学校の勉強なんか社会で役に立たない」「友達は一時的なものだ。家族が一番大事」と話し、小中学校に行かせてもらえなかった、と述べた。