[PR]

 ケニアの警察当局は5日までに、中国人70人以上からなる大規模なネット犯罪集団とみられるグループを摘発した。首都ナイロビ近郊に拠点を置き、ネット詐欺などの違法行為を繰り返していたとみられる。

 現地報道によると11月30日、グループの七つの拠点の一つで火災が発生し、中国人1人が死亡。この捜査で、居住者らがコンピューターを高速インターネットにつなぎ、ハッキング行為をしたり、キャッシュカードを偽造したりしていたことがわかった。火災はサーバーからの出火が原因とみられる。

 警察当局は火災当日に37人を逮捕。3日にはさらに40人を逮捕した。グループが使用していたサーバーには、数十億円分の取引の記録が残されていたとされる。逮捕者の大半は英語を話せず、パスポートを持っていない者もいた。

 拠点の一つは米国大使館の近くにあり、部屋の窓は防音材で遮られ、内部の音が外に漏れないようになっていた。警察当局は集団がスパイ行為に関与していた疑いについても調べている。ケニア外務省は3日、駐ケニア中国大使を呼び、中国政府がグループの活動を知っていたか尋ねた。(ヨハネスブルク=三浦英之