[PR]

 宇宙航空研究開発機構(JAXA)は5日、小惑星探査機「はやぶさ2」について、打ち上げ直後の安定した状態が確認できたと発表した。姿勢を調整する機能や、打ち上げ時にはたたんだ状態だった小惑星の試料を集める装置「サンプラホーン」の伸展などに成功したという。

 はやぶさ2は、3日午後、鹿児島県の種子島宇宙センターから打ち上げられた。2日間程度をかけて、太陽電池パネルの展開や、長さ約1メートルのサンプラホーンの伸展、はやぶさ2を管制する地上設備の機能の確認などをした。

 これで、安定性を確認する打ち上げ直後の「クリティカル運用期間」は終了。3カ月ほどかけて、イオンエンジンの試運転など様々な装置が正常に機能するかを調べる初期運用に入る。