[PR]

 タカタ製エアバッグが破裂した時の衝撃について、朝日新聞は生々しい証言を得た。廃車の解体中、金属片が飛び散り、フロントガラスが大破した。海外では少なくとも3人が死亡。同社製エアバッグをめぐるリコール(回収・無償修理)対象車は、国内だけで300万台に達する見通しだ。

 11月6日午後、岐阜県関市の「廃車ドットコム岐阜」武芸川(むげがわ)工場。2003年製造のトヨタ自動車「WiLLサイファ」から銃の発砲音のような乾いた音が響いた。解体前にタカタ製の助手席用エアバッグを作動させると、エアバッグをガスでふくらませるインフレーター(膨張装置)が破裂した。

 フロントガラスは助手席の前がクモの巣状にひび割れ、大きくゆがんで穴が開いた。エアバッグはぼろぼろになり、インフレーターの容器が最大20センチほどの金属片となって散らばり、車内に転がっていた。近くの作業員にけがはなかった。

 工場長からの報告で破裂を確認…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら