[PR]

 経済同友会の長谷川閑史代表幹事は14日夜に発表した談話で、「アベノミクスの一層強力な推進を掲げた自民党、公明党が引き続き政権を担うことを歓迎する」としつつ、「社会保障制度の抜本改革に具体的な方向性が示されていないのは極めて遺憾で、早急な取り組みが求められる」と指摘した。

 日本商工会議所の三村明夫会頭は、「中小企業・小規模事業者に対するきめ細かい支援や、地方創生、法人税改革などの政策が、速やかに実行されることを強く期待する」との談話を出した。(稲田清英)

こんなニュースも