[PR]

 「クリエーターにとって妄想力は大事です」と、「宇宙戦艦ヤマト2199」総監督の出渕裕さんは私におっしゃいました。コラム書きにも、妄想力は大事です。

 1974年の最初のテレビシリーズ「宇宙戦艦ヤマト」のリメイクである「2199」ラストで、ヤマトが無事帰還し地球が青い姿を取り戻したのを見届けた後、「さあ、完全新作という次の劇場版はどうなるのかな?」と、脳内で妄想がグイングインと走り始めました。

 艦自体がイスカンダルで惑星再生システム「コスモリバースシステム」に改造され波動砲も封印されたヤマトですが、「2199」最終回で、死んだ沖田艦長の魂(?)が古代守に代わってコスモリバースシステム中枢に入り込んだので、ヤマトは文字通り「沖田の艦」になりました。

 だったら沖田をエネルギー源に…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら