[PR]

 KDDI(au)は11日、従来のスマートフォンよりも基本料金が安い「格安スマホ」を、18日から子会社を通じて売り出すと発表した。NTT、ソフトバンクはすでにグループ会社が格安スマホを扱っており、KDDIの参入で、大手通信3社が出そろった。

 100%子会社のKDDIバリューイネイブラーが「UQモバイル」のブランド名で販売する。通信契約の月額基本料(税別)は通話機能がないなら、データ使用量によって980~1980円、通話機能付きなら1680~2680円。通話料は30秒あたり20円が別途かかる。NTTやソフトバンクとほぼ同じ料金設定となる。

 端末は京セラ製と韓国LG電子製の2機種。自社の通販サイトや家電量販店で売り、全国のauショップでは取り扱わない。

 格安スマホ市場は参入事業者が…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも