[PR]

 ギャル系ファッションの月刊誌「小悪魔ageha(アゲハ)」を手がけてきたインフォレスト(東京)が、東京地裁から9日付で破産手続き開始決定を受けたことがわかった。帝国データバンクによると、関連2社を含めた負債総額は39億2200万円。

 2002年に設立。キャバクラで働く女性向けにヘアスタイルやメイクを紹介した「小悪魔ageha」は、08年ごろの最盛期には30万部を売った。しかし、その後は部数が減り、資金繰りが悪化。ことし4月に事業を停止していた。

こんなニュースも