[PR]

 第47回衆院選は14日投開票され、自民、公明両党は公示前勢力を上回る326議席を獲得し、大勝した。自公で定数の3分の2を超え、自民単独で291議席(14日夜に発表した追加公認1人を含む)を確保した。安倍晋三首相は長期政権への足場を固め、「アベノミクス」を継続させる。憲法改正にも意欲を示した。73議席にとどまった民主党は海江田万里代表が落選し、代表選が行われる。維新の党は横ばいで、次世代の党は惨敗した。共産党は議席を倍増させる躍進となった。小選挙区の投票率は朝日新聞の推計では戦後最低の前回59・32%を下回り、52%前後になる見通し。

 安倍晋三首相(自民党総裁)は14日夜、与党が大勝したことを受けて、憲法改正に向けた議論を推進する考えを表明した。また、年内に発足する第3次安倍内閣では閣僚全員を留任させる方針を固めた。首相に対抗する有力な勢力は党内に見あたらず、来年9月に予定される自民党総裁選で再選され、長期政権になる可能性が出てきた。

 国会による憲法改正の発議には、衆参両院で3分の2以上の賛成が必要だ。首相はテレビ東京の番組で、「3分の2の国会における勢力をつくったとしても、国民投票で過半数の支持を得なければいけない。(国民の)理解を深めるところから進めていきたい」と述べた。「憲法改正に向けてこれから一歩一歩進めていくということか」との質問には「そういうことですね」と応じた。

 首相は、与党の大勝で政権基盤を強固にした。国会で与党の圧倒的優位は揺るがず、首相は与党との関係でも主導権を握る場面が増えそうだ。首相は24日に召集される予定の特別国会で再び首相に指名される。

 首相は今回の解散を「アベノミクス解散」と命名。演説の大半を自らの経済政策にあてた。首相はラジオ番組で「アベノミクスはまだ道半ばだ。皆さんに実感していただくのが我々の使命だ」と述べた。

 首相は、原発再稼働や集団的自衛権を含む安全保障法制の整備などについても、フジテレビの番組で「選挙でお話ししたことはしっかり実行していきたい」と述べ、信任を得たとの考えを示した。

 九州電力川内(せんだい)原発(鹿児島県)は近く再稼働に踏み切る見通しで、他の原発も原子力規制委員会の基準を満たせば再稼働を認める方針。7月の集団的自衛権行使を認めた閣議決定に沿った安保関連法案を来年の通常国会に提出する考えだ。