[PR]

 次世代の党最高顧問で前職の石原慎太郎氏(82)は比例東京ブロックで落選した。

 比例の名簿順位9位と最下位を自ら選択し、「選挙後に引退する。後継者にバトンタッチしたい」と政界引退を明言していた。選挙中は愛媛や大阪などで遊説し、自主憲法の制定や防衛予算の増額などを訴えた。

 1968年の参院選全国区で初当選し、衆院議員をへて99年から12年まで都知事を務めた後、前回衆院選で日本維新の会から国政に復帰していた。

 石原氏は東京都千代田区のホテルに設けた開票センターで記者会見を開く予定だったが16日に延期し、姿を見せなかった。