【動画】兵庫県赤穂市で開かれた赤穂義士祭。大石内蔵助は松平健さんが演じた=中村正夫撮影
[PR]

 赤穂義士の討ち入りの日にあたる14日、兵庫県赤穂市で赤穂義士祭が開かれた。クライマックスの義士行列では、俳優の松平健さんが昨年に続いて大石内蔵助を演じた。9万人(主催者発表)の見物客でにぎわった。

 四十七士を率いる松平さんが陣太鼓を打ち鳴らして歩くと沿道から歓声が飛び交った。ドラマなどで忠臣蔵に何度も出演している松平さんは、「声援が多く、内蔵助は愛されていると感じた。大好きな役なので、これからも演じたい」と話した。