[PR]

 大阪市選挙管理委員会は14日、市内の投票所で投票用紙の取り違えなど2件のミスがあったと発表した。

 市選管によると、市立旭東中(同市旭区)の投票所で14日午前、有権者に目の不自由な人向けの点字投票用紙を交付する際、小選挙区の投票で誤って比例区の投票用紙を手渡した。小選挙区の投票を終えた後に付き添いの職員が気づいた。その後再交付された比例区の投票用紙で比例区に投票したが、小選挙区の投票は無効になるという。

 同市住之江区の不在者投票所では12日午後、熊本県美里町の有権者について、不在者投票用紙を誤って宮城県美里町選管に送付。14日午前に同選管からの連絡でミスに気づいたが、投票締め切りまでに熊本県美里町の投票所に転送できずに無効になったという。

こんなニュースも